おからのお味噌教室


本当です!おからを使ってお味噌は作れます。

お味噌を家でつくるにはとても手間がかかります。
大豆を水でひたして一晩つけて、大きな鍋で炊いてから大豆をつぶし、麹と塩をまぜ合わせて容器に入れる…
とても大変な作業です。

おからで作るお味噌は手作りお味噌とちがい、おからそのものをそのまま使うので火は使わず
麹と塩を合わせて混ぜて完成させるだけ!
従来の大豆で作るお味噌よりも簡単であっという間に作れるんです。

道具も「えっ!」と、おどろくほどシンプルで洗い物も少なく楽ちんです!

おからの味噌のきっかけは「もったいない」から

おから味噌講座のきっかけは

ある時、いつも購入してる近所のお豆腐屋さんに大量に残ったおからがあって、これをどうするのかとたずねました。

『売れ残ったおからはすべて廃棄。捨てるんよぉ~』

これを聞いた私は、食物繊維がたっぷりたんぱく質豊富な食品が廃棄あつかいで捨てられてることが残念でたまりませんでした。

この言葉がきっかけで、おからの活用方法はないものかな~と思いカフェのメニューを考案していきました。おからをたっぷり入れたキッシュ、おからスコーン、ワッフル、お菓子教室ではバターケーキやタルト生地に使ったり。

ご家庭で食べられ量に比べるとここで使うおからの量はおおいのですが、それでも大量には消費できません。

もっと大量におからを使えるものはないのかな・・・

この思いがあふれてきたところで、『おから再活研究所』の財団に出会い、捨てられる運命のおからで味噌つくりを講義されていました。この財団の考えに賛同し、私もおからの魅力を伝える『おから再活プロデューサー』になりました。

栄養満点のおからの有効活用はないかな…
大豆で作るお味噌よりも簡単に作れる!
おからっておもえないぐらいおいしい!
大豆のお味噌と変わらない!

これなら家庭でも簡単に作れて「おから」を使ってもらえるんじゃないかと思いました。

「捨てられる運命のおからがおいしい食材に変えられる」

そんな思いで「おから味噌講座」をスタートしました。

材料は麹・おから・塩そして豆乳

作り方はまぜるだけ

出来上がったおから味噌はガゼットパックに入れて保存

従来の容器に比べて持ち運び、保存が簡単です
透明な袋なのでお味噌が発酵して色が変わっていく様子が見られて楽しいですよ

お味噌作りのほかに塩麹作り

お味噌作りのあとは塩麹(しおこうじ)も作ります。

こちらもあっという間に仕込めてかんたん!

生おからと塩麹を使った料理を紹介

お味噌と塩麹作りのあとは、生おから&塩麹を使ったレシピで料理を作り、おからの意外な使い方を紹介します。
デモンストレーションで紹介した料理・デザートはそのままランチとしてお召し上がりして頂きます。

「おからってこんな使い方があったんだ~」

そんなおどろきのおからのお味噌教室です!

皆さんもおからで作るお味噌を楽しみませんか?

・生おからに興味がある方
・お味噌作りを一度挑戦してみたい方
・塩麹作ってみたい方
・生おからを使った料理に興味がある方
・おから&塩麹のランチに興味がある方

【レッスン内容】

レッスン内容

★おから味噌作り 2㎏
★塩麹(こうじ)作り 100g
★塩麹を使った料理デモンストレーション
★ランチ付き

【募集要項】

【詳細】

時間  10:30~14:00 

定員  4名様まで 少人数制

料金  1回 5400円(税込) 前払いでレッスン代頂戴しております。
    10月以降は消費税が上がるため5500円(税込)になります。

持物  エプロン・手拭きタオル・筆記用具・スリッパ・お持ち帰り用バック
※バックですが、お味噌がわりと重たいのでコロのついたキャリーバックをおススメします

キャンセルポリシー

■お申込み後のキャンセルについて

ご予約をいただいた時点で材料の準備を始めておりますので、体調不良、緊急以外キャンセルはできるだけご遠慮くださいますようお願いいたします。尚、お支払い分のレッスン代は次回レッスン日を振替える形で対応させていただいております。

■2日前から当日のキャンセルについて

連絡ある・なしにかかわらずキャンセルされた場合、材料費としてレッスン代の100%をいただきます。大変心苦しいのですがご理解とご協力をお願いいたします。

お問い合わせ


近鉄東寺駅徒歩5分
「グルテン過敏症」と「白砂糖でうつ病」になったパティシエールが教える「米粉&おから専門お菓子教室」


おから味噌教室予約カレンダー

予約開始しています。


教室に関するご質問や予約などお気軽にお電話でもどうぞ

☎ 075-202-6692